So-net無料ブログ作成

自分の中に毒を持て [エッセイ・随筆]

タイトル    自分の中に毒を持て あなたは常識人間を捨てられるか
作者     岡本 太郎


(あらすじとデータ)

常識にとらわれず、
人間自分自身として生きることこそが
芸術である、という
人生即芸術論。

岡本太郎の死去3年前に出版された。


(私はこう読んだ)

芸術が爆発するオジサンの
オダあげ本。かな。

今読むと、そんなに特別なことを言っているようには
思えないんですが、
まあ、特殊な人ではあります。

とにかく力強く、
とりあえず元気になるけど、
ハウツー本としては
あんまり人生の役には立たないような・・・

読みようによっては
逆説的に昭和の「常識」が見えてきて、
興味深いです。



自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)

  • 作者: 岡本 太郎
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 1993/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。