So-net無料ブログ作成
検索選択

追憶のローズマリー [海外ミステリー]

タイトル    追憶のローズマリー
作者     ジューン・トムスン

(あらすじとデータ)

社会人のための集中文学講座講師が水死体で発見された。
ハンサムな講師の死体はオフィーリアよろしくローズマリーの枝を握りしめていた。
才能があって、女性出入りの激しい被害者のまわりには、容疑者がいっぱい。

フィンチ警部モノ2作目。

(私はこう読んだ)

英国女流ミステリーの格調高さというか、
シェイクスピアを本歌取りした謎解きとして、
手堅い出来ばえが素晴らしいです。

シャーロック・ホームズのパスティーシュの名手として
名高い作者ですが、こうやって見ると、
アガサの系譜でもあるのだな、と。
物語の骨格がハッキリして読みやすく、
さすがに実力のある作家だなあ、という感じ。
重さのない、ほどよさが心地好い娯楽小説です。




追憶のローズマリー (創元推理文庫)

追憶のローズマリー (創元推理文庫)

  • 作者: ジューン・トムスン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 文庫



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。