So-net無料ブログ作成
検索選択

呼ぶ声 [ホラーミステリー]

タイトル    呼ぶ声
作者     ジョン・ソール


(あらすじとデータ)

ロサンゼルスのすさんだ学生たちに愛想を尽かした女教師
かつてはインディアンたちの土地であり、
いまは落ち目の石油坑の町である故郷で
待ち受けていたのは、昔の顔なじみと、巨大企業の陰謀だった。


(私はこう読んだ)

どうもあっさりした話でした。
インディアン物としても、
青春小説としても、
医療ホラーとしても、あっさり。

パーツは派手なのに、全体の読み触りが地味なのは、
登場人物への感情移入が難しい作りだからかも。
おそらく、それがソールの味ではあるので、
もしかしたら、もっとガッツリ大地礼讚の話に
絞ってくれたほうがしっくりしたのかも…
と、思うのは、今どきの読み方かしらん。

面白くないわけではないんだけど、
やや物足りなかったです。

なんだかんだ言って、
やっぱりソールは子供怖い系のがインパクトあっていいのかなあ、と。


呼ぶ声 (扶桑社ミステリー)

呼ぶ声 (扶桑社ミステリー)

  • 作者: ジョン ソール
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 1991/10
  • メディア: 文庫



nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。