So-net無料ブログ作成
検索選択

影法師 [歴史/チャンバラ(日本)]

タイトル    影法師
作者     百田 尚樹


(あらすじとデータ)

小藩御徒組の息子が小藩の家老になった。
そのサクセスストーリーの影には
彼を支えてくれた、竹馬の友の存在があったのだ。


(私はこう読んだ)

本当にこの作者は、
泣かせどころを外さないプロだなあ、と思うのです。
本作も、えげつないくらい、きっちりお涙チョウダイ物です。

愛する人のために命をかける、って話で、
世話物のツボとしては、ズバリど真ん中。

そして、作者得意の組織に生きる個人の存在のはかなさと、
はかなさゆえの意地の物語でもあり。
武士社会の無情と、
武士として生きる切なさを描いた秀作です。


影法師

影法師

  • 作者: 百田 尚樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/05/21
  • メディア: 単行本



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。