So-net無料ブログ作成
検索選択

兵法柳生新陰流 [歴史/チャンバラ(日本)]

タイトル    兵法柳生新陰流
作者      五味康祐


(あらすじとデータ)

チャンバラ柳生ものオンリーの短編集。

村越三十郎の鎧・・・家康館に逃げた三成の裏話
兵法流浪・・・石舟斎、五十石の器量
無刀取り・・・無理に取るのでなく斬られないのが無刀取り
新陰崩し・・・熊野の卍族の裔、院内(いんのこ)村
刺客・・・勝って死ぬ刺客を送れと家康
曙に野 は鳴いた・・・密通の最中に隠密に出会ってしまった男と、その仇討ち
火と剣と女と・・・・五箇荘で作る火薬
居斬り・・・・座ってする居合
無明斬り・・・藩公に妻女を召し上げられた昼行灯
秘し刀霞落し・・・尼崎藩の新陰流道場
少年連也と十兵衛・・・天才連也の少年期
柳生連也の伜たち・・・兵法とは畜生道であると至った連也が選んだ三人の養子


(私はこう読んだ)

正直、いまさら柳生か、と思いつつ読んだのですが、
大変面白かったです。
特に、最後の一遍は非常に興味深く読みました。
一種の哲学書かも知れません。

昔の作品にありがちな、
説教臭さのある作品が多かった印象があります。
語彙なんかも、いかにも昔のチャンバラって感じだし。
でも、それが、
なんだか、ちょっと新鮮でした。

ちなみに、五味せんせーは、
どうやら毛深い女性がお好みの模様。
「毛深い」と書かれただけで、
お色気シーン(これも死語だなあ)が、
なにやら、牧歌的に見えるのは、不自然でした。


兵法柳生新陰流 (徳間文庫)

兵法柳生新陰流 (徳間文庫)

  • 作者: 五味 康祐
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1989/09
  • メディア: 文庫



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。