So-net無料ブログ作成
検索選択

モンテ・クリスト伯3 [名作古典]

タイトル     モンテ・クリスト伯3
作者     アレクサンドル デュマ


(あらすじとデータ)

ローマの謝肉祭。
ついに、元婚約メルセデスの息子アルベールに、
ツテをもったモンテ・クリスト伯。
復讐のために、パリの都にお国入り。


(私はこう読んだ)

いやあ、エロいな、モンクリ。
他人の下心を見透かしては、ニヤリ。
ニヤリのニヤリっぷりが、エロいっすよ。

アルベール周辺の御曹子集団が可愛らしい3巻目。
本編よりも、むしろスピンオフのエピソードが多くって、
新聞小説らしさ満載なのでした。

屋根裏から殺人事件をのぞき見する話なんか、
ちょっと歌舞伎っぽいし。
大衆ウケって、要するに、こういうことだよなあ、と
とっても納得したりして。


モンテ・クリスト伯〈3〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈3〉 (岩波文庫)




nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。