So-net無料ブログ作成
検索選択

モンテ・クリスト伯4 [名作古典]

タイトル     モンテ・クリスト伯 4
作者     アレクサンドル デュマ


(あらすじとデータ)


検事総長の、薬学オタクな嫁さんや、
美貌の詐欺師カヴァルカンティ登場で、
いよいよ復讐のための下ごしらえができてゆくなか、
復讐相手の娘と、恩人の息子は、
ダンテスの知らぬ間に深く愛しあっていたのだった。


(私はこう読んだ)

そういえば、基本、モンクリは恋愛小説なのでした。
中弛みの4冊目。
私、本当に苦手なんだわ、恋愛モノとかロマンス小説は。
若者たちの恋バナは、正直、かなり退屈でした。
復讐の話は面白いだけに、読みあしガタ落ち。
テンションも、やや下がり。


モンテ・クリスト伯〈4〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈4〉 (岩波文庫)

  • 作者: アレクサンドル デュマ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1956/07/05
  • メディア: 文庫



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。