So-net無料ブログ作成
検索選択

モンテ・クリスト伯6 [名作古典]

タイトル     モンテ・クリスト伯 6
作者     アレクサンドル デュマ


(あらすじとデータ)

ようやく伯爵の復讐は佳境に。


(私はこう読んだ)

モンテクリスト、日本語訳して「神山さん」。
キリスト世界で神をなぞるんだったら、
当然「復活」は外せないわけです。
主人公も死んだと思われている人ですが、
後半のヒロインも仮死の薬を飲んで生き返る運びとなります。
マヌケなロレンス神父のせいで悲恋になったロミジュリなんて話もあり、
リアルタイムで読んでた人たちは、ドキドキ読めたものかしらん。
でも、フランス革命直後という出版時の時代背景を想像すると、 
このガッツリとしたキリスト世界観は、むしろルネッサンス的に新鮮だったのかも。



モンテ・クリスト伯〈6〉 (岩波文庫)

モンテ・クリスト伯〈6〉 (岩波文庫)

  • 作者: アレクサンドル デュマ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1956/09/25
  • メディア: 文庫



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。