So-net無料ブログ作成
検索選択

レ・ミゼラブル 2 [名作古典]

タイトル    レ・ミゼラブル  2
作者     ユゴー


(あらすじとデータ)

政変、戦争を背景に、乱れる社会。
ジャン・バルジャンは脱獄し、不幸な女の遺言を果たすため、少女コゼットを取り戻す。


(私はこう読んだ)

どうして、巻が新しくなるごとに、冒頭100ページ近くも主人公から話がズレる構成か? と。
ちと疲れる、レミゼの原作です。
なるほど、これは挫折率が高そうな・・・(笑)

要するに、いわゆるエンターテイメント作品じゃないんですよね。
歴史風俗記と説教のあいのことでも申しましょうか。
現代の感覚でいくと、そういう部分が長すぎるような。
このへんがモンクリと違って、「新聞小説」じゃないあたりなのかな。

2巻の読みどころは、銀の燭台に次ぐ、レミゼの代名詞的エピソード、「水を汲みにいくコゼット」です。
そして、子連れ逃亡者ジャン・バルジャンに迫りくる警部ジャベールと、「早過ぎた埋葬」でしょうか。
意外とサスペンスフルなのです。


レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)

レ・ミゼラブル (2) (新潮文庫)




nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。